Hotmailを他メールアドレス宛に転送する設定方法。

MicrosoftのWebメールサービスである「Hotmail」。

現在はMSのWebサービス群である「Windows Live」の1サービスとして提供されています。

で、いわゆる"捨て垢"として利用する場合は「メール転送」の設定ができないとお話にならないわけですが、ちょっとMSの酷いUIで探しづらかったのでメモしておきます。

Windows Liveの「Hotmail」で転送設定

とりあえずWindows Liveにログインをします。

まずはHotmailのオプションまで遷移

ひとまずHotmailのオプション設定画面まで移動しないといけません。

ログイン後の「Windows Live ホーム」。

Windows Live オプション

左カラムから「メール」を選択。

「Hotmail オプション」に移動します。

Hotmail オプション

「Hotmail オプション」ページの中、右メニューから「電子メールの転送("アカウントの管理"カテゴリ内)」を探しクリックします。

転送設定を行う

あとは、転送先のアドレスを指定してやります。

Hotmail 電子メールの転送

Hotmail上での転送設定は「メールアドレス"1つ"」までしか指定できないようですね。

あとは完全に「捨て垢」とされないようにMicrosoft側の警告が。

少なくとも 270 日ごとにサインインしてください。サインインを行わない場合は、そのアカウントは使用されていないとみなされて削除される場合があります。

ってことで、ときどき覗いてあげましょう。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク