Webデザインの現場でも知っておきたい「Q数」、「Q上げ」とは?

ウェブデザインの現場にも、ヒトの流れ、歴史的に見て、DTP界隈の用語が使われていたりします。

その1つが、編集・出版の現場でも使用されている「Q」。

これは『文字の大きさの単位』である「級数」の略語です。

校正の指示を書き込む際に、漢字で"級数を~"と書くと読みにくかったり、時間がかかるので、アルファベットのQを用い、簡略化して"Qを~"とか、単に"Q上げ"とかと書いたりします。

Webデザインの現場だけで過ごしていると、ある日突然、DTPもやっていたヒトと絡んだ際に知らない用語も出てきてビックリなことも。

よく使われる業界の専門用語は、WebだけでなくDTPの分野の用語も予備知識として抑えておくと、どこかで役に立つと思いますよ。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク