404ページのデザインにあたっての注意点。

「ページなかったですよ(Not Found)」という返答を表すステータスコードの『404』エラー。

ウェブマスターとして「リンク切れ」に留意することである程度防ぐことは可能ですが、ユーザーが「URLの類推」などで能動的に存在しないURLを叩いた場合などにウェブマスターの意図しない形で表示させてしまうことになります。

各サーバーのデフォルトの「404」エラーページは一般的には『404 Not Found』と素っ気ない文言のみが出るケースが多いですよね。

しかし、これではリテラシーの低いユーザーを帰してしまうことにもなりかねません。

そうした意味で、カスタムされた「404」ページは必要になってきます。

どのような「404」ページがユーザーフレンドリーなのか?

では、実際に「404」ページをカスタムするに当たりどのような要素がユーザビリティの観点から求められるでしょうか。

正常なページと「共通のレイアウト」を保つ

「404」ページへと意図せず遷移してしまった場合、その「404」ページがあたかも"外部サイト"のような体裁であればユーザーは『どこかのサイトにリダイレクトしたのかな?』と勘違いしてしまうかもしれません。

それを防ぐためにも、通常の他のページと同様のレイアウト・(ロゴ等)VIを保つことが求められます。

トップページなどサイトを再び回遊できるように「動線」を用意する

「404」ページに遷移してしまった場合に、"ブラウザバック"させる以外の「ページ動線」を用意してあげましょう。

例えば、下記のような遷移先が考えられますね。

  • トップページ
  • 各カテゴリ
  • 新着情報
  • 人気のコンテンツ

フリーワード検索のための「検索窓」を用意する

上記で触れたようにリンクによる「遷移」方法を用意してあげるのはもちろんですが、それと併用できるように「検索窓」を用意しておくとなおユーザーにとっての利便性が向上するでしょう。

そもそも「リンク切れ」が起きないように努力する

最後に触れる項目は、ごくごく当たり前のことです。

そもそも論として、「リンク切れ」をなくすように努力して行きましょう。

これらを機能として持たせた上で、なおかつクリエイターとしてデザインに凝った「404」ページを持たせられると素晴らしいですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク