ソーシャルメディア経由で期待できる消費性向。

2011年末現在、日本における「ソーシャルメディア」という括りはおおよそ3つでしょうか。

  • mixi
  • Twitter
  • Facebook

で、これら「ソーシャルメディア」から、どんな消費が生まれるか、今回はそれを少し考えます。

ソーシャルメディアから期待できる消費性向

ソーシャルメディアを経由することで起きそうな消費行動ですが、パッと考えただけでも下記のようなものは考えられますね。

他人へプレゼントすることへの消費
普段の生活でも「他人へプレゼント」の場面はありますが、ソーシャルメディアにより、頻繁に会わない人の好みも知れるのが誘引。
レコメンド的反応の消費
Twitterなどが持つ『伝播』力によって、自分のタイムライン上に"オススメ情報"が増えたことが誘引。
マニアックなものも含めてのネタの共有という消費
「こだわり」や「おもしろ」といった側面のものを共有することで発生する誘引。
不特定多数を誘う消費
以前も紹介した『ソーシャルランチ』に代表されるようなソーシャルメディア上での"気軽な誘い"が誘引。

今後も、ソーシャルメディアの利用率が上昇すれば、もっと大きい動きにもなりそうです。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク