細かい部分の時間短縮になる便利なGoogle検索方法7つ。

普段から検索する中で、頻度が高く、定型化できるような検索対象は誰しもがいくつかあると思います。

そうしたものをある程度簡略化できれば時間短縮にもつながり効率的ですよね。

今回はそういう類のGoogleの検索方法を7個ご紹介。

  • 株価チャート
  • 通貨換算
  • 単位換算
  • 郵便番号検索
  • 電卓機能
  • 現地時間表示
  • ヤマト宅急便配達状況

上場企業の株価チャートを検索結果ページに表示する

株式を公開している企業の現在の株価チャートを表示するための方法が下記。

『株価 [企業名]』で検索

たとえば、『株価 任天堂』などをGoogleの検索ボックスに入れると株価チャートを表示してくれます。

知っていると便利ですね。

通貨を為替レートで換算してくれる

Googleさんはなんとまぁ、変動する為替レートに応じて通貨も換算してくれるようです。

『[数量][通貨]を[通貨]で』で検索

たとえば、『1ドルを円で』とGoogle検索かけると『1米ドル = 78.057919 円(この記事を執筆時)』と換算した上で結果を返してくれます。

もちろん、数量を変更し『3ドルを円で』などを検索ボックスに入れてもいいですし、通貨を『10000ユーロをウォンに』のように変更しても大丈夫です。

ある単位の数量を異なる単位に換算

上記の通貨換算と同じような方法になります。

『[数量][単位]を[単位]で』で検索

たとえば、『1kgをポンドで』と検索。

すると、『1 kg = 2.20462262 ポンド』と単位換算してくれたものを結果として返してくれます。

"郵便番号"と"住所"の紐付け

"郵便番号"と"住所"の相互変換です。

『郵便番号 [住所]』で検索

こちらは、"住所"を"郵便番号"に変換してくれるやり方。

たとえば、『郵便番号 墨田区向島』と検索。

すると、『131-0033 東京都墨田区向島』と表示してくれます。

『郵便番号 [郵便番号]』で検索

今度は逆ですね。

"郵便番号"から、"住所"を教えてもらうやり方。

たとえば、『郵便番号 131-0033』で検索してみると、『131-0033 東京都墨田区向島』と検索結果として返してくれます。

数式を入れると電卓機能になる

これも意外に知られていない機能。

Googleの検索窓を"電卓"として利用できます。

『[数式]』で検索

通常の算数と同じような"数式"を検索ボックスに入れてあげると結果を返してくれます。

たとえば、『(1+2)*3』で検索すると『(1 + 2) * 3 = 9』。

MS-Excelと同様に、乗算は「*」、除算は「/」です。

世界の現在時刻を知る方法

世界中の主要な都市名を入れると現地時間を教えてくれる方法です。

『時間 [都市名]』で検索

たとえば、『時間 ロンドン』で検索すると、『6:34 木曜日 (GMT) - ロンドン, イギリスの時間(この記事を執筆時)』とロンドンの現在時刻を教えてくれます。

これは知っておくと便利ですね。

クロネコヤマトの宅急便の配達状況を知る

クロネコヤマトのWebに行かずとも「配達状況」を知ることができます。

『ヤマト [お問い合わせ伝票番号]』で検索

たとえば、『ヤマト 1111-2222-3333(架空です)』と検索すると、『ヤマト運輸のお荷物 1111-2222-3333 の配送状況』と表示してくれて、クロネコヤマトの「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム 荷物追跡情報」のリンク先を教えてくれます。

どうでしたでしょう??

知っておくと便利な機能がGoogleには満載ですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク