livedoorの当事者が先日のスパムフィルターについて語ってますね

先日リリースがあったスパムフィルターについて、livedoorの当事者が語ってますね。

livedoorブログ検索のスパム対策

スパム対策というのは、基本的には下記の2つの流れになると思います。

  1. "何"をスパムと捉えるのか?
  2. "どこまで"をスパムと捉えるのか?

この視点で、livedoorディレクターブログの記事を見てみると...

"何"をスパムと捉えるのか?

これは明確ですよね。

  • 他ブログの転載のみのサイト
  • 引用のみのブログ
  • 唯のリンク集
  • IDを幾つも取得し、意味の無い情報を乱発するブログ

そして、みんな考えているところ。

ただ、この次が結局非常にあいまいなままなのが何とも残念です。

「大分弾くように」とか「普通にブログの記事を書いていらっしゃる方」とかのように 基準がすんごいあいまいで、これだと『web上での反応を見ると、フィルタリングが強すぎてスパムでないブログも排除しているのではないか。』というような反応についての回答にはなりえてないですよね。

※当然、サービス提供者側が明確なヒントを出すとスパム側に回避策を与えてしまうので出せないのはわかっています。

結局、先日のlivedoorのやつも、新しいなにかしらの突破口というのとは違ったってことですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク