URLを指定する形のGoogleオプション検索いろいろ。

Googleの検索方法はいろいろとあるのですが、今回ご紹介するのは「URL」を指定する形のオプション検索です。

以下、見て行きましょう。

Googleで利用できるURLを指定した検索方法

今回ご紹介するのは6つです。

link:URL

この指定方法で得られる結果は、「対象URLの被リンク」です。

ただ、表示件数として返ってくる一覧は「一部」。

なので、厳密には"被リンクを知る"ために利用できるわけではありません。

inurl:URL や KW

この指定方法は、URLとページ内に含まれる文字列を検索できます。

複数指定することが可能です。

cache:URL

指定したURLの中で、Googleのウェブサーバに保存されている(キャッシュ)を検索結果として返してくれます。

自分のサイトの中でキャッシュされているページについて知りたい場合、この指定方法が使えますね。

info:URL

指定URLの情報を表示してくれる検索方法です。

具体的には下記のような情報が一覧表示されます。

  • [URL] の Google に保存されているキャッシュ
  • [URL] に類似したページの検索
  • [URL]へリンクしているページの検索
  • [URL]のウェブページを検索
  • "[URL]"を含むページの検索

結果的には、検索ボックスに直接URLを入力した時と同じです。

KW site:URL

キーワード検索の対象を指定したURL内のページに絞ることができます。

サイト内検索を用意していないようなサイトにおいて検索をしたい場合に、必須のテクニックになりますね。

related:URL

対象URLのサイト内容と関連したサイト・ページを表示してくれます。

ある種の「競合調査」に利用できる検索テクニックですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク