Adobe、AIR1.5発表。

昨日は、カヤックの人が講演するセミナー「おいしい Flash/AIR コンテンツのつくり方」に行ってました。

かなりおもしろかったです。

セミナー前日の17日がちょうどAIR1.5の発表があり、タイムリーでした。

Adobe、「AIR 1.5」「Flash Catalyst」など新製品発表

ITmediaより引用。

Adobe AIR 1.5はWebKit HTMLエンジンを取り込み、WebKitの新しいJavaScriptエンジン「SquirrelFish」によるアプリケーションの高速化も可能になった。暗号化された新しいデータベースを備え、Flash Player 10で盛り込まれたカスタムのフィルターとエフェクトのサポートなど新機能も搭載する。Windows版とMac版のAdobe AIR 1.5は無料でダウンロードでき、Linux版は年内にリリースの見込み。

adobe AIR1.5で特徴的な機能は、下記が挙げられています。

  • DBの暗号化(AIR1.0でもSQLiteはいけた。それの暗号化ができるように。)
  • フレームワーク機能
  • 3DなどのFlash Player10 の機能もOK

AIR1.5は、いいですね。

というか、Actionscript3.0は勉強しないといけないですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク