ページにFlash Videoを埋め込む際に便利なオープンソース「FLV Player」

Flash Videoを自サイト内に埋め込みたい場合、Flash形式のプレイヤーが必要です。

便利なものも数多く出回っていますが、商用利用でもOKなものを1つ抑えておくと後々も助かりますよね。

ということで、オープンソースで公開されている便利なFlash Videoプレイヤーをご紹介。

その名も「FLV Player」。

「FLV Player」のキャプチャ

タイプが下記の5つ用意されています。

  • MINI
  • NORMAL
  • MAXI
  • MULTI
  • JS

基本的な使い方は、土台となるプレイヤー本体「player_flv.swf(タイプによって変わる)」をダウンロードし、細かい部分はパラメータで設定していきます。

基本的なソースはこんな感じ。

<object type="application/x-shockwave-flash" data="player_flv.swf" width="横幅" height="高さ">
 <param name="movie" value="player_flv.swf" />
 <param name="allowFullScreen" value="true" />
 <param name="FlashVars" value="flv=動画ファイルの場所&width=横幅&height=高さ&autoplay=自動再生するか&startimage=再生前に表示する静止画" />
</object>

再生前にユーザーへ見せる画像も任意のものを指定できるので便利ですね。

インフラ的なものを考えると『YouTubeにアップし埋め込む』を1番手の選択肢としても問題ないと思いますが、自サイト内に動画ファイルを置きたい場合、このFLVプレーヤーは便利に使えるでしょう。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク