Movable Type 5 ベータ版がいよいよ。

待ちに待ったヒトも多いと思われる、「Movable Type 5」のベータ版がいよいよ出ました。

ウェブサイト管理の新標準。Movable Type 5 : Movable Type

MTもいよいよメジャーバージョンアップ。

シックス・アパートのページのtitleタグにもあるように、今回は「ウェブサイト」を意識した設計。

  1. MT3: ブログ
  2. MT4: ブログ+サイト
  3. MT5: ウェブサイト

CMSとしての正統進化をたどっていますね。

昨日は、sixapartのパートナーであるProNetを集めてのMT5説明があったらしい。

sixapartのサイトでは、MT5の新機能として以下が大きく挙げられている。

  • ウェブサイトが更に構造的に管理できるように
  • 「テーマ」機能
  • 更新履歴の管理
  • カスタムフィールドの強化
  • 管理画面の新デザイン

ということで、とりあえずインストール。

Movable Type 5 ベータ版をインストール

まずは、sixapartのサイトから本体をダウンロード。

Movable Type 5.0 ベータ

下の方に「Movable Type 5.0 Beta 1 日本語ビルドをダウンロード (MT-5.0b1-ja.zip)」とあるので、そちらから。

続いて、ファイルをアップし、mt.cgiを叩く。

MT5 インストール

基本的には、MT4のインストールとほぼ同じです。

画面の遷移だけ記しておきますね。

  1. Movable Type 5 インストール初期画面: パスを指定
  2. Movable Type 5 システムチェック: サーバ環境のチェック
  3. Movable Type 5 データベースの設定: あらかじめ作成しておいたデータベースを設定
  4. Movable Type 5 インストール: その後、自動でインストール始まる

終了すれば、これでMT5の管理画面とご対面。

MT5 の新管理画面

Hello!Movable Type5.

が、完全にWordPressですね(笑)。

ちょっとショック。。。

MT5 のデフォルト仕様

デフォルトのテンプレート(テーマというのか)が、2つある模様。

  • クラシックウェブサイト
  • プロフェッショナルウェブサイト

デフォルトでの表示は「プロフェッショナルウェブサイト」の方のようです。

ということで、まずは入れてみましたという感じ。

これから、ちょっと遊んでみようかなと。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク