vista使用の場合、IE6は「IETester」で確認。

先日、「IE6のスタンドアロン版」をご紹介しました。

windows vistaでは、そもそもIE6ではレンダリングできないみたいで、インストールしても起動しません...

これは「まいった」と思ったら、いいソフトを発見。

IETester

下記のIEバージョンでのレンダリングを表現してくれるソフトです。

  1. IE5.5
  2. IE6.0
  3. IE7.0
  4. IE8beta

使用感はまったく問題がないですね。

おそらく、メインの用途になるであろうIE6も全く問題がない模様です。

あとは、「multiple versions of IE」と比較して、タブブラウザとして機能したり、日本語版もあったりするのがうれしい点かなと。

画面ですが、MS-Office2007っぽい画面になります。

色は、青以外にも黒・シルバー・アクアに変更可能。

「新しいタブ」から新規のタブを作成する際に、"IE5.5"、"IE6.0"、"IE7.0"、"IE8beta"のレンダリングしたいIEの各バージョンを選択する形になります。

ただ、唯一の難点が、「前のページに戻る」は機能しているのですが、「次のページへ進む」は機能していません...

もう一回、次へ行く場合は、ページ内のリンクをたどる形になります。

それ以外は、IE確認において「最高」のソフトかと。

ぼくは、もともと文系で、MS-OfficeライクなUIに慣れてるので、とても快適です。

コーダー・デザイナー的には、このOffice2007的なUIは嫌いな人が多いかもですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク