PhotoshopとIllustratorかんたん比較表。

Web屋として必須のアプリケーションとなる「Photoshop」と「Illustrator」。

初心者向けの比較表を書いてみます。

ちなみに両ソフトのAdobe公式ページは下記。

PhotoshopとIllustratorの違い

まずは内容から見た"違い"について。

よく使用される通称

Photoshop
フォトショ
Illustrator
イラレ
AI(エーアイ)

表示形式・画像形式

Photoshop
ビットマップ・ラスター
ピクセルという単位で色を表現し、その集合として画像を表示する。
Illustrator
ベクター・ベクトル
座標軸を持ち、数値管理によって画像を描画する。

拡大・縮小

Photoshop
画像サイズを変更する(特に拡大)と画質が劣化する。
Illustrator
拡大・縮小によって画質は変化しない。

PhotoshopとIllustratorの向き・不向き

続いて、この2つのソフトをそれぞれの「得意」・「不得意」分野で比べてみましょう。

画像加工処理

Photoshop
本来の用途が"画像加工"なので大変得意。
Illustrator
簡単な加工しかできない。

ロゴ・地図などの図形的な素材作成

Photoshop
絵のように描くこと自体は可能だが面倒。
Illustrator
図形的にロゴ・表・地図を描くのが得意。

Webページデザイン

Photoshop
基本的にWebページのデザインはPhotoshopもしくはFireworksが使われる。
Illustrator
可能ではあるが、ページ全体を作るために使用するのは好ましくない。

イラスト作成

Photoshop
ペイントタッチのイラストを作ることは可能。
Illustrator
図形的なテイストのイラストを作ることが可能。

PDF書き出し

Photoshop
可能ではあるが、Illustratorほど柔軟に保存ができない。
Illustrator
印刷の現場でよく使用されるほど得意な分野。

最近では、"不可能"なことはそれぞれのソフト上でなくなってきてはいますが、それがイコール「すべて得意」ということではありません。

使うにあたって、それぞれのソフトが持つ特長を捉えて使いたいものですね。

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク