サーバサイドで「スピード最適化」を行ってくれるGoogle製のApache モジュール『mod_pagespeed』

最近のGoogle は、順位決定の要素に「読み込み速度」を含めていると言われています。

そうした中、Google 自身は、以前から、CSS Spriteなどのテクニックを率先して、自サイト(GoogleやYouTubeなど)で使っていました。

今回は、サーバサイドで適用できるモジュールを公開したようです。

それが、Apache モジュールの「mod_pagespeed」。

Google曰く、「ページのロード時間を50%も削減できた」そうです。

具体的には、下記のような作業を自動的に行なってくれるようですよ。

  • Web ページのキャッシュ保持時間の変更
  • ページ内に埋め込まれている CSS や JavaScript の外部ファイル化
  • 複数の CSS ファイルの連結
  • サイズの小さい CSS や JavaScript ファイルをページ内に埋め込み
  • 冗長なホワイトスペースの削除
  • タグ内の冗長な属性の削除
  • コメントの削除
  • 不要なクォート文字の削除
  • CSS や JavaScript の minify

大規模サイトほど、効果が出ると思いますので、検討してみてはどうでしょうか??

関連するWeb制作・開発Tips

関連リンク